スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タレント犬への道 

傑作(0) 2006/4/21(金) 午後 4:21 | 無題 | 練習用
まどろみはっぴー



はじめまして犬と猫をこよなく愛し、自分ん家の子が世界一可愛いと思っておりますバカ親です。
共働きでコツコツと頑張って働いてはおりますが何せ、扶養家族にならない子供が多く息を切らしております。
んで、思いついたのが『家の子にも稼いでもらおうじゃないか!』案。無謀にも限度があるっちゅ~に・・・。
でも、でも、もしかしたら何とかなるかもというわけで一番何とかなりそうな家の末息子、はっぴー。
自慢は雄のくせにやけに可愛いマスクを持っている。
アイドル顔だなとバカ親は思ったのである。

末っ子のくせに一番図体がデカイ。そりゃそうだ、ピレネー犬だもの。性格は人懐っこく、可愛がってくれるなら誰にでもくっついて行くちょっと頭の周りにチョウチョやらヒヨコが飛んでいそうなタイプ。
しかもかなりの甘えん坊でいつも金魚のフンみたいについてくる。
でもかなりのマイペース型。気分が乗らないときは呼んでも動かない。ん?何か矛盾しているか?・・・。
まっそこんとこは深く追求しないで下さい。

そんなはっぴーをタレントにするべく計画をたてた。
運良く、札幌のタレント事務所でタレントドッグオーディションを開催するというのをネットで見つけ応募したところ無事参加資格をもらった(な~んて最初は誰でも参加できるんだけどね)
3月26日に第1次オーディションがあり参加。
審査の内容は
・お座り状態でマテ
・伏せ状態でマテ
・2mくらいを犬と一緒に歩く
・飼い主が離れたところから呼び寄せる
・飼い主が隠れて、審査する人と歩く
・犬を喜ばせて、5秒以内に落ち着かせる
・あとは特技披露
これを全てやるが家ははっぴーには特に躾らしい事はしていない。
一応、前の日に予行演習をやってみた。
お座りは簡単にするものの、伏せにかなりの時間を要す。
ヤバイ!どうしよう・・・。なんて考えても仕方あるまい。結局ぶっつけ本番でやりました。
しかし、以外や以外。家のピヨピヨはっぴー君、全てクリアしたではないか。
もしかして母の気持ちに応えてくれたのか?ただ1つを除いてはの話だが。
そう、特技である。そんなもんははっぴーの辞書にはないのだ。
が、特技かどうかはわからないがひとつだけ、はっぴーが好きでやることがある。
それはオンブ。
はっぴーに背中を向けて座ると何故か覆いかぶさってくるのである。
そのままオンブして立ち上がっても、ぼへら~としている。
しかも知らない人がやっても喜んで乗っかるのである。
楽をするのが好きなんだな、きっと・・・。
と、いうことでオーディションでそれを披露しようと旦那がはっぴーに背中を向けて座ったがさすがマイペース男、全然興味なし。
何度やっても座り込んだまま無視。お前の特技はそれしかないだろう!と心で叫んでみてもやる気なし。
結局、オンブを披露する事はできなかった。
まっ!後は野となれ山となれだ。
何のとりえもないデカブツ君が受かるわけはないさ。
と思ってはいても一応審査の結果は気になるのである。
ちょっと位は期待してもいいじゃないか。だって可愛いんだもの。
一応、会場では物凄く人気があったし(多分)
その結果はまた今度ということで。


 バナー←U^ェ^U わんクリックお願いします♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hapikomama.blog64.fc2.com/tb.php/1-d38241f1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。