スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族紹介1 

ぼびん

          ぼびん(♂)洋雑種  種類(猫)

遅れましたが、子供達の紹介を7日間に渡って紹介していきたいと思います。

まず、長男 
猫♂ 12歳 
性格:おとなしい、臆病者、超甘えっ子(お客さんにも甘える)

出会いは独身の頃、最初に飼っていた猫が心臓病のため4歳で死去。
実家を出て一人暮らしを始め様と思っていた矢先の出来事。
勿論、ペットOKのアパート。
契約も済ませた後のことで、あまりにショックがでかかった。
そんな状況で一人で住む気にもならずダラダラと実家で過ごしていたが、いつまでもそんなことではいかん!と一緒に住んでくれる相棒を探したのがきっかけ。
どうしても黒猫と思っていたところ、新聞の『差し上げます』の欄に黒猫と他数匹ありの記事。
早速、電話してみると黒猫だけが残っているとの事。その子貰いますと言ってすぐに引き取りに行きました。これは運命だと思ってます。

今のところ、大きな病気もなく元気です。
もっともっと長生きしてね。 


 バナー←U^ェ^U わんクリックお願いします♪
スポンサーサイト

タレント犬への道 その後 

朝青龍はっぴー

            朝青龍はっぴー

第1次オーディション、無事通過しました!
ってか、2次オーディンションも既に終りましたけど。
1次の結果が来るのを今か今かと待っていましたら
審査の方が行っていた通り、本当に2週間後にきました。
もう落ちたのかと思ってましたから。

2次審査はペット専用スタジオで写真撮影。
審査内容は
・横向きの立ち姿
・お座り
・伏せ
・モデルさんとの2ショット(飼い主は隠れる)
・得意のポーズ
の5ポーズで審査。
要はフラッシュとか怖がらないのが第1条件だそう。

はっぴーはというと相変わらずのんびりムードで
フラッシュが光ろうがシャッター音がなろうがボヘら~としてまして
褒められました。
モデルさんとの2ショット写真も問題なし。
後は得意のポーズ。
やっぱりオンブしかないでしょう。
がっ!!やっぱり、前の時と同じでストライキ状態。
まぁ、予想はしていたけどね。
しょうがないので無理やり手を肩に手をかけさせると
されるがままのはっぴーはそのままオンブされました。
何でもOKなのね。
審査の人も同じように挑戦してみると
黙ってオンブされてました。
何だ、この前もそういう風にすればよかったのか・・・。
自分からは乗らなくても黙ってオンブされる姿に好感触でした。
良かった、良かった。

んで、結果はというとまだ返事がきていない・・・(T-T)
1週間くらいでと言っていたのに、もう1週間過ぎましたけど。
散々、褒めておいて落すような事はないと思いたい。
物凄~く期待しちゃったんだから。
まー、受かったとしても仕事が来るかどうかは別問題なんだけどね。
とりあえずはタレント登録はしとかないとチャンスも来ないし。

首を長くして待つバカ親です


 バナー←U^ェ^U わんクリックお願いします♪

タレント犬への道 

傑作(0) 2006/4/21(金) 午後 4:21 | 無題 | 練習用
まどろみはっぴー



はじめまして犬と猫をこよなく愛し、自分ん家の子が世界一可愛いと思っておりますバカ親です。
共働きでコツコツと頑張って働いてはおりますが何せ、扶養家族にならない子供が多く息を切らしております。
んで、思いついたのが『家の子にも稼いでもらおうじゃないか!』案。無謀にも限度があるっちゅ~に・・・。
でも、でも、もしかしたら何とかなるかもというわけで一番何とかなりそうな家の末息子、はっぴー。
自慢は雄のくせにやけに可愛いマスクを持っている。
アイドル顔だなとバカ親は思ったのである。

末っ子のくせに一番図体がデカイ。そりゃそうだ、ピレネー犬だもの。性格は人懐っこく、可愛がってくれるなら誰にでもくっついて行くちょっと頭の周りにチョウチョやらヒヨコが飛んでいそうなタイプ。
しかもかなりの甘えん坊でいつも金魚のフンみたいについてくる。
でもかなりのマイペース型。気分が乗らないときは呼んでも動かない。ん?何か矛盾しているか?・・・。
まっそこんとこは深く追求しないで下さい。

そんなはっぴーをタレントにするべく計画をたてた。
運良く、札幌のタレント事務所でタレントドッグオーディションを開催するというのをネットで見つけ応募したところ無事参加資格をもらった(な~んて最初は誰でも参加できるんだけどね)
3月26日に第1次オーディションがあり参加。
審査の内容は
・お座り状態でマテ
・伏せ状態でマテ
・2mくらいを犬と一緒に歩く
・飼い主が離れたところから呼び寄せる
・飼い主が隠れて、審査する人と歩く
・犬を喜ばせて、5秒以内に落ち着かせる
・あとは特技披露
これを全てやるが家ははっぴーには特に躾らしい事はしていない。
一応、前の日に予行演習をやってみた。
お座りは簡単にするものの、伏せにかなりの時間を要す。
ヤバイ!どうしよう・・・。なんて考えても仕方あるまい。結局ぶっつけ本番でやりました。
しかし、以外や以外。家のピヨピヨはっぴー君、全てクリアしたではないか。
もしかして母の気持ちに応えてくれたのか?ただ1つを除いてはの話だが。
そう、特技である。そんなもんははっぴーの辞書にはないのだ。
が、特技かどうかはわからないがひとつだけ、はっぴーが好きでやることがある。
それはオンブ。
はっぴーに背中を向けて座ると何故か覆いかぶさってくるのである。
そのままオンブして立ち上がっても、ぼへら~としている。
しかも知らない人がやっても喜んで乗っかるのである。
楽をするのが好きなんだな、きっと・・・。
と、いうことでオーディションでそれを披露しようと旦那がはっぴーに背中を向けて座ったがさすがマイペース男、全然興味なし。
何度やっても座り込んだまま無視。お前の特技はそれしかないだろう!と心で叫んでみてもやる気なし。
結局、オンブを披露する事はできなかった。
まっ!後は野となれ山となれだ。
何のとりえもないデカブツ君が受かるわけはないさ。
と思ってはいても一応審査の結果は気になるのである。
ちょっと位は期待してもいいじゃないか。だって可愛いんだもの。
一応、会場では物凄く人気があったし(多分)
その結果はまた今度ということで。


 バナー←U^ェ^U わんクリックお願いします♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。